蓄電池設備を利用すれば電気代を減らせます

3月 14th, 2016 no comment

蓄電池設備を利用すれば電気代を減らせます

月々の電気代の支払いが、もっと安くなれば良いなと誰でも思うことでは無いでしょうか。
独り暮らしならまだしも、ご家族と同居している方なら、ますます考えることだと思います。
そのような方に紹介したいのが、家庭や会社で使うことができる蓄電池設備というものです。
そもそも蓄電池設備なんて普通ならば何それ?って感じで初めて聞く名称なのでは無いでしょうか。
その名の通り電気を蓄えておく設備なのですが、夜の電気を昼に使うために蓄えておくことができる設備なのです。
実は夜の電気の使用料金は昼に使用する場合と比べて、値段が安いことを知っているでしょうか。
その夜の電気を蓄電池に蓄えておき、昼に使うようにするといったシステムになります。
そうすることで昼に使う電気を減らし電気代を抑えることができるようになるのです。
蓄電池設備を使用する場合は地震や落雷などで停電になった際にも、しばらくの間は蓄電池から電気が使えるといったメリットがあります。
このように蓄電池設備は、国の考えでも電力自由化が始まるこれからは注目されている設備なのです。

太陽光発電と一緒に蓄電池設備を利用するほうがお得

最近は新築されたであろう新しい家の屋根には、太陽光発電パネルが乗っているのを見かけることが多くなってきた感じがします。
太陽光発電を使うことで多少は電気代を抑えることができるようになり、電気を売ることができると言われていました。
ですが、実際には買い取ってもらえる電気は少なく、今までは電気を蓄えておくことができなかったので、余った電気は無駄な分として放電をするだけでした。
最近では、その余った電気を蓄えることができる、蓄電池設備と言われるものが販売されており、自宅や会社や工場などで使うことができるようになりました。
この画期的な設備が一般的に販売されるようになったので、太陽光発電パネルと一緒に設置した人の話では、太陽光で作られた電気を蓄電池設備に蓄えて使えるようになったので、今までよりも大幅に月々の電気料金が減らせたという嬉しい情報があります。
夜の安い電気を蓄えておくこともできますので、これから新築する、または太陽光発電パネルを設置する考えがある方は、一緒に蓄電池設備の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

蓄電池設備の設置には国から補助金が出ます

国の発表で、これからは自由にどこの電力会社からでも自分が好きなように電気を買うことができるようになる、電力自由化といった制度が認可され始まります。
今までは地方にある電力会社の電気を強制的に使うといった形で電気料金も様々でしたが、電力自由化が本格的に始まれば、各電力会社は、顧客獲得の為に様々なサービスを提供してくると思われます。
蓄電池設備の詳細を調べる
ですが、もっと電気料金を抑えていくためには、太陽光発電パネルを使って電気を作り、なおかつ蓄電池設備を利用するほうがお得になると考えられます。
この蓄電池設備は災害などによって停電などが起きたときでも暫くは電気が使えるといったことで、国でも注目している設備となっていて、現在では申請することで補助金が支給されます。
そして東北大震災以降は原子力による電気の供給は様々な問題になっているので、今後ますます蓄電池設備は普及が進むのではないかと考えられています。
少しでも電気代を安く抑えたいと考えている方は、このチャンスを逃す手は無いと思われます。

Comments are closed.

Leave A Comment