人の生活と念仏宗などの宗教との関わり

6月 28th, 2016 no comment

人の生活と念仏宗などの宗教との関わり

日本では、正月やクリスマス、ハロウィン、お彼岸など様々な宗教のイベントが行われています。
キリスト教などのように、ある特定の宗教を信仰し、祈りを捧げるという方はあまりいないのではないかと思います。
日本人にとって、あまり宗教は日常に身近なものではありませんよね。
しかし、日本にも念仏宗のような様々な宗派の仏教があり、歴史もあります。
自分に関係あるお墓やお寺には、宗教が大きく関係してきます。
もし、自分の家の宗教がわからないという方は、確認してみても良いと思います。
日本にお寺は多くありますし、宗教を広めたり、仏の道を究めるために、地元に根ざした活動を行っています。
念仏宗も様々な活動を行っています。
日常的にはあまり関わりのない宗教ですが、決して無関係なものでありません。
だから、自分と関わりのあるものについては知っておいても良いのではないでしょうか。
今回は、数ある宗教の中から、念仏宗について紹介したいと思います。

一体念仏宗とはどんな宗教か

一体念仏宗とはどんな宗教で、どんな活動を行っているのでしょうか。
念仏宗は、感謝の気持ちや人に対する礼儀、信頼、思いやりなどを大切にし、一般の人にも伝えています。
仏教について学ぶというと歴史などの難しいことを想像してしまうかもしれません。
しかし、念仏宗で伝えているのは、感謝や礼儀、思いやりなど、人との関わりの中で大切であったり、実生活で役立ったりする考え方です。
どうやって、一般の人に仏教の教えを伝えているかというと、自然の中での仲間との交流や、田植えや稲刈りなどの活動を通して伝えています。
近年は、食べ残しが問題となっていますよね。
食べ物ができる過程を知ったり、自然や食べ物に感謝の気持ちを持ったりする学びが現代では必要とされているのではないでしょうか。
念仏宗に興味がある方は、行事に参加したり、参詣したりしてみても良いと思います。
参詣には申し込みが必要で、注意事項もあるようなので、確認しておきましょう。

念仏宗のお寺で感じられる四季

念仏宗の施設には日本庭園があり、桜やツツジ、牡丹などの植物が植えられています。
春には花々を愛でることができ、秋には紅葉を楽しむことができます。
日本庭園が四季折々の顔を見せてくれるでしょう。
多くの植物が植えられていたり、田植えや稲刈りが体験できたりするということは、自然が豊かな場所にお寺があるということが想像できますよね。
自然や食べ物への感謝の心を学ぶには適した環境かもしれません。
美しい日本庭園を楽しめるなら、念仏宗の施設を訪れてみたいと考える人もいるかもしれません。
しかし、あくまで真剣に仏教について学ぶ場なので、観光目的で訪れるのは好ましくありません。
四季を感じるには、植物だけでなく、お寺で行われる行事もあります。
念仏宗の信仰するものを知る
お彼岸やお盆などは日本人には身近な行事ですよね。
正月に初詣に行くと新しい年を迎えたなという気持ちにもなりますよね。
このように、念仏宗の植物や行事から四季の変化を感じ取ることができます。

Comments are closed.

Leave A Comment