独自の資格があるハンナンです

6月 28th, 2016 no comment

独自の資格があるハンナンです

子供達が大好きな物と言えばハムとソーセージになります。
有名な老舗と言えばハンナンです。
贈呈用のハムの種類も豊富な事もあり毎年多くのお歳暮やお中元に選ばれています。
こんなに美味しいハムが作れるのはなぜでしょうか。
実は、独自の資格制度がありみんなその道を極める事で他には出せない味を出す事が出来るようになりました。
社員一人一人に毎年試験を受けさせています。
各工程においての資格試験があり、細かい技術力を身に付けています。
時には、試験で色々な試作品を作って新しい味を追求しています。
そこから良い商品が生まれる事もあり販売したりしてお客様の反応を見たりしています。
工程の中でも難しいものも中にはあり長年勤めていても取れない人も多くいます。
ですが、この資格試験制度がある事でハンナンの売り上げだけではなく、社員同士の絆も深まったり士気も上がったりしています。
資格があると給与面でも少し良くなったりする場合もあります。

ハンナンは様々なデコレーションの仕方を教えてくれます

ホームページを最近リニューアルしたハンナンには沢山のアクセス数を出しているページがあります。
それが、ハムやソーセージのアレンジ方法や美味しい調理法が載っているコーナーです。
中でも、主婦からの支持がとても厚くレシピも幅広くある為に、お弁当にとても役に立つようで人気になっています。
焼くだけではなく様々な料理に使う事の出来るのがハムやソーセージの魅力だと思います。
よいアクセントになる事だってあります。
可愛くデコレーションする方法が特に人気になっていて、見ると可愛い動物や形の切り方が載っています。
彩りも重要であるお弁当作りと言うのは意外と大変なものでもあります。
大人は残り物でも構いませんが、小さい子供達は色鮮やかにして栄養のバランスも考えて作らなくてはいけなせん。
キャラ弁が注目されていますが、衛生面を考えると良くない事もあったりします。
何か喜んで食べてくれるとすればハムやソーセージでデコレーションするのが一番良いと思います。
ハンナンは、そこに目を付けて色々な切り方を公開しました。
少しの工夫で簡単にお弁当を彩る事が出来ると言うのはとてもありがたい事だと思います。

海外に研修制度があるハンナン

海外にも沢山の加工品メーカーが沢山あります。
日本の製法と違う事が多く毎年ハンナンでは数人の人数で海外に研修に行くようにしています。
製法や保存方法を学ぶ事で自社の製品を品質向上に繋げようとしています。
特に、幅広い年代が務めている事もあり年代関係なくチームを組んで何日間が海外で研修してくる制度を設けています。
長期ではないので、短期の出張のような感じでみんな行くみたいです。
行く国は、ハムやソーセージの本場のドイツとアメリカです。
欧州と米国ではよくハムやソーセージが食べられています。
主食と言っても良いかもしれません。

日本の物よりも味が濃い物やハーブを多く使っている物など単品や付け合わせで食べたりしています。
もちろん、料理にも使う事がありますが、ドイツではそのまま茹でて食べるのが一般的になっています。
ハンナンの社員が知らない製法や食材を使って作られていたりする事があります。
海外の味や技術を知ると言う事はとても大切な事だと言います。

Comments are closed.

Leave A Comment