念仏宗で幸せを考える

8月 20th, 2016 no comment

念仏宗で幸せを考える

誰でも、不幸な人生より幸福の多い人生の方が良いと考えるでしょう。
そこで念仏宗では、幸福の意味を考えるように教えています。
人によって答えが異なるので、自分で考えて答えを導き出さなくてはいけません。
時間がかかるかもしれませんが、焦って答えを見つける必要は無いので、時間が空いた時にゆっくりと考えましょう。
仕事で忙しい時に無理に考えるのは避けてください。
それでは作業に集中できないので、仕事が遅れる原因になります。
公私をしっかりと分けて、仕事の際はそれに集中して、自宅でゆっくり過ごしている時などに、念仏宗の教えを考えましょう。
すると答えがだんだん分かっていくはずです。
無理に考えても、答えは見つからないことが多いです。
身体と心がリラックスしている時に、何となく答えが判明するものです。
身体が疲れている時は、何も考えないで休むことを優先的にしてください。
無理をするのは身体にも心にも悪影響を与えると念仏宗で言っています。

感謝の気持ちを念仏宗で持つ

こんなに自分が大きく成長できたのは、誰のおかげでしょうか。
まさか自分1人の力だとは思っていませんよね。
親や周囲の人が守ってくれたからこそ、無事に成長できたと言えます。
念仏宗の教えを利用して、普段言えない感謝の気持ちを伝えてみるのも良いでしょう。
当たり前のことだと思って、つい感謝の心を忘れてしまったり、今更伝えるのは恥ずかしいと感じたりする人も多く見られます。
ですが、感謝の気持ちは言葉にしないと伝わりませんし、言われれば相手だってとても嬉しく感じると思います。
ほんの少し勇気を出せば良いので、しっかりと伝えてください。
どうしても声に出して直接言うことができなければ、手紙やメールなどの手段を使うのも方法の1つです。
最初はそのように抵抗が少ない方法を試すことで、相手に自分の気持ちを伝える習慣が身に付きます。
念仏宗を通して日常生活を振り返る
慣れてきたら声に出して、感謝の気持ちを直接伝えましょう。
念仏宗の教えをこれからの人生に生かしてください。

Comments are closed.

Leave A Comment