スライドカーテンとはどんなカーテン?

10月 13th, 2016 no comment

スライドカーテンとはどんなカーテン?

スライドカーテンとは業務目的で使用されるカーテンのことで、ジャバラカーテンや心材カーテンとも呼ばれる場合もあります。
カーテンとなるシートに鉄の骨組みを取り付けるという造りになっており、主に工場や倉庫の出入り口の仕切りとして設置されています。
開閉方法に関しては簡単になっており、そのまま手で開けられるだけでなく電動式で開閉を行うことも可能です。
そのため搬入する材料や製品が多く、手が上手く使えない状況であっても作業スペースへの出入りが楽に行えます。
カーテンの高さについては約10メートル前後と高めのものから、その半分ほどの4メートルくらいのものまでいろいろです。
ちなみに低めのものを選んだ場合、高いものよりも費用を押さえられます。
スライドカーテンは設置場所や目的に合わせて形状を変えたり、オプション施工を追加することもできます。
スライドカーテンで大切なものを隠す
こういったカーテンの設置を行う建設業者では、新設はもちろんカーテンの張り替えや修理も依頼できます。

Comments are closed.

Leave A Comment