リフォームは住宅と耐震調査から、埼玉の有資格者に依頼する

2月 6th, 2017 no comment

リフォームは住宅と耐震調査から、埼玉の有資格者に依頼する

関東地方のほぼ真ん中に位置する埼玉県は、全国第5位となる約730万人の人口が住んでいます。
その人口分だけ住宅の多い埼玉県では、住宅のリフォームを手掛ける工事が日々実施されています。
そのリフォームを行う会社も膨大な数に上りますが、主な会社では、まず対象となる住宅全体を調査し、耐震強度を診断する作業からスタートするでしょう。
この調査を最初に徹底して行う事が大切です。
工事終了後になって「家が傾いているような気がする」「ドアがしっかり閉まらない」などという状況が発生するのは、しっかりとした調査がされないまま工事に入ってしまったのが原因と言っていいでしょう。
耐震性調査がしっかりされていない場合でも同様の事象が発生します。
家が強い地震に耐えられるかを調査するのは、国の認可を受けた特別機関の有資格者で、工事の際の補強の提案や施工を担当します。
これから一生、この埼玉の家に住みたいならば、知識も技術も第一級の有資格者のもとでリフォームを行うべきでしょう。

気象厳しい埼玉県のリフォームには徹底した住宅調査が不可欠

東京に程近い埼玉県に住み、やがては自身の想うような家にリフォームしたいと思う方は多い事でしょう。
そのためにはまず事前に徹底した住宅調査や耐震調査を行う必要があります。
調査の内容は、現在の間取りを確認し壁のバランスを調べる調査、家の土台の劣化状況や含む水分量を測る調査、家の基礎部分の鉄筋の劣化状況や白アリの有無を調べる調査、給水管や排水管の劣化や漏水の有無を調べる調査、柱や床の傾きの有無を調べる調査、壁のひび割れや隙間、雨漏りの有無を調べる内壁と外壁の調査、屋根及び屋根裏の調査まで行われ、専用のスケール、ハンマー、さらにはレーザー光線や赤外線カメラなど20個以上にも及ぶ専用工具や機器が使用されます。
自宅の埼玉をリフォームさせてもらいました
終了後は調査報告書が提出され、改善すべき点や点数評価を確認してからリフォームに取り掛かるのです。
埼玉県は東京都よりも北に位置し、夏の暑さや冬の寒さが大変厳しいため、リフォームによって外気を遮断するなど気候に順応した家にしたいものです。

Comments are closed.

Leave A Comment