勤怠管理の大変さを軽減

9月 10th, 2015 no comment

勤怠管理の大変さを軽減

勤怠管理って昔から大変な考え事でしたね。

タイムカードで押すだけ、というものも無いわけではないのですが、最近社内で紙はもうさすがに……という風潮になり、勤怠管理もIT化して効率化を、なんてことになってしまいました。

それ自体はいいのですが、IT化といっても色々とやり方があって、最初にやってみた共有サーバ上にあるファイルを自分で編集する、なんてものは大失敗でした。

記入するのが習慣になればいいのですが、そういうものですと記入しない人達も出てきてしまいますし、記入内容もある程度自由に出来てしまいます。

それじゃいけないということで、専門の業者を読んでやり方を考えてもらうと、それなら今社内でスマホや携帯を持っていない人はいないので、それらを利用してやってみるのはどうだろう、という流れに。

スマホアプリやQRコードを用いてできるので、管理も楽だし妙な記入もありません。

従来のタイムカードがそのままワンランクアップしたようで使い方も上々、これで行くことになりました。

社内の勤怠管理をIT化

小売店をやっております。

店舗内では社員の他に、アルバイトやパートタイムの人達も大勢居て、そういう方々はとても入れ替わりが激しいので、色々と考えることが多いです。

中でも勤怠管理はとても重要な事柄で、入れ替わりする人材に柔軟に対応ができ、かつ間違えなくできることが求められていて、従来のパンチカードだけではどうにも難しいという雰囲気が漂っていました。

そこで、今の大きな流れとしてIT化があるので、それをしてみようじゃないか、ということに。

IT化することで勤怠管理がどう変わるのだろう、と内心思っていましたが、社員は社員証など、パートやアルバイトの人達は持っているスマホでのアプリや、携帯のカメラでQRコードを読むことが、従来のパンチカードのように出来るという話を聞いて、早速導入することに。

人材管理もITでの管理画面をわかりやすく作ってくれて、今となっては手放せない、とても大事な社内システムになっています。

勤怠管理で悩んでいた話

勤怠管理ってとても大変で面倒な作業ですね。

アルバイトのリーダーをやっているのですが、何故か他のアルバイトたちの勤怠管理までやることになり、会社内にあった従来のパンチカードをそのまま利用して、カードを自分で見てパソコン内の管理ファイルに記入していく、なんて不毛な作業をしていました。

その為、アルバイトリーダーであった私を含めての、会社内でのアルバイト管理の会議があったときに、私は真っ先に勤怠管理の改善を提案しました。

幸いその提案は好意的に受け入れられ、IT業者を読んで根本的に、それこそ正社員の人達まで含めての抜本的な改革が行われました。

便利な勤怠管理を利用する

その後そのシステムが稼働しても、私はまだアルバイトリーダーの立場で、勤怠管理を行っていたのですが、紙ベースで行っていた時よりもはるかに楽になり、また入れ替わりの激しいパートの人達の追加削除も容易に行えるようになりました。

やはりこういった改革は必要だと感じさせられますね。

Comments are closed.

Leave A Comment