神戸市の粗大ゴミ事情

3月 6th, 2017 no comment

神戸市の粗大ゴミ事情

現在の神戸市の粗大ゴミ事情知ってますか?ゴミ全体で見るとその量は、昭和57年度から平成12年度までどんどん増加、20年間で約2倍にまで膨れ上がっているんだそう。
そんな中でも粗大ゴミは大きな割合を占めていて、神戸市のゴミ収集機関も大忙し。
出るゴミは家具や電化製品などさまざまでエコ化を目指す現代社会に逆行しているかのよう。
もっとリサイクルできたらいいのに・・・そう思ってしまうのは私だけではないはず。
エコのイメージの強い北欧スウェーデンには約6400か所にも及ぶリサイクル施設があるそう。
神戸市の粗大ゴミ問題について
ゴミの分別も徹底していて街はとってもクリーン。
一方アメリカの場合、たとえば要らなくなったソファーなどは「FREE」という張り紙を貼って家の前に放置しておき、欲しい人がいればもらって行ったりするのだとか。
さすがに日本ではそのような方法をとることは出来ないし、特に町の美観にこだわる神戸市にはちょっと真似できない粗大ゴミ処理法ですね。

Comments are closed.

Leave A Comment